ハナビ 天井,設定判別,解析,打ち方まとめ

ぱちガブッ!ガイドステーションの、ハナビ(アクロス)パチスロ機種情報になります。また台ごとの最新攻略情報やユーザーによる口コミ情報、プロによる実戦動画も随時更新中!

基本情報(基本スペック)

天井・ゾーン止め時

設定判別/設定推測/設定差

解析

打ち方(ボーナス中の打ち方,DDT打法)

演出

特集

基本情報(基本スペック)

機種概要

捩り鉢巻きにハッピ姿のドンちゃんが誕生した1998年以来、HANABIシリーズは常にパチスロ界の最先端をリードしてきた。オーソドックスな純Aタイプ、大量獲得機、液晶搭載機、ボーナスタイプ、そしてART機etc…。時代をまたいで活躍する回胴キャラは他にもいるが、これほど多くのカテゴリで頂点を極めたキャラはドンちゃんのみだ。

天井・ゾーン止め時

ヤメる際は逆押しでドン狙い

プレイを終了する際にはボーナス非成立を確認する必要があるが、ハサミ打ちDDT打法では僅かながらボーナスを見落とす可能性もある。
そこで効果を発揮するのが3枚掛け+逆押しドン狙いだ。
右中段にドンが停止してリプレイがハズれれば、ボーナス成立が否定されるので安心してヤメてOKだ。

夕方から打つ際に最低限押さえておきたい3つの項目

 
 
 

最も効果的なのはビッグ309枚獲得台狙い

ハナビ 309枚 狙い目

設定判別/設定推測/設定差

設定6見極めフロー

RT中ハズレ確率

設定 花火チャレンジ中 花火GAME中
1 1/7.07 1/13.36
2 1/6.61 1/11.81
5 1/6.16 1/10.44
6 1/5.81 1/9.48
 

特に花火GAME中の差は大きいので要チェック!!

ビッグ中斜め風鈴・ハズレ確率

ビッグ中斜め風鈴確率
設定 解析値
1・5 1/10.67
2・6 1/8.26
 

偶数設定のほうが出現しやすい!

 
 
ビッグ中ハズレ確率
設定 解析値
1・2 1/16384
5・6 1/481.8
 
設定5以上ならビッグ20回に1回は引ける計算
ビッグ中のハズレは一度でも出現すれば高設定の可能性が特大につき、他の要素が少し弱くても続行する価値がある。ただし、「309枚」の他に「308枚」や「299枚」などの履歴がある台は避けた方が賢明だ。
 

 

風鈴&氷合算確率

勝ち勝ち講座

各設定期待度

※表内数値は各設定が均等にある状況を元に算出した数値です

 
風鈴&氷はボーナス中を除く全ゲームでカウントの対象となるため、サンプルが集まりやすく設定推測要素の中で最も汎用性が高い。500G消化時点では各設定期待度に大きな差はないが、2千Gも消化すればかなりの格差となる。サンプルは多めに!
 
 
RT中は2種類の状態でハズレ確率が変化するので、正確なサンプルを集めるには個別にカウントする必要がある。また、いずれのRTも分母の算出に要注意。途中でボーナスを引くことを考慮して、頭の中でゲーム数を数えるのがお薦めだ。
 
 
ビッグ中の斜め風鈴は設定の奇数or偶数を判断するのに必要な材料。一方、ビッグ中のハズレはサンプルゲーム数を問わず1回でも出現すれば高設定の期待度が激高。これを引いたら他の要素は無視して構わない。

「遅れ」の発生率と発生時のボーナス期待度

遅れ時の期待度と発生率
設定 期待度 発生率
1 21.2% 1/102.4
2 21.5% 1/101.7
5 21.9% 1/101.2
6 22.5% 1/100.2

 

 

※数値は独自調査による

解析

遅れの基本事項

リール回転から少し遅れてスタート音が流れる

 

<遅れ発生時の対応役>

■チェリーA・B

■各単独ボーナス

■特殊役B+ドンビッグ

■特殊役C+七ビッグ

※チェリーを否定すればボーナス

 

遅れ時の期待度と発生率
設定 期待度 発生率
1 21.2% 1/102.4
2 21.5% 1/101.7
5 21.9% 1/101.2
6 22.5% 1/100.2

 

遅れ発生時の成立役別フラッシュ発生割合
フラグ→ チェリーA チェリーB 単独ドンBIG 特殊役B+ドンBIG 単独七BIG 特殊役C+七ビッグ 単独REG
フラッシュ↓
フラッシュなし 100% - 44.4% 47.7% 50.0% 48.7% 50.0%
不発 - 100% - - - - -
打ち上げ花火 - - 22.2% 20.4% 18.7% 20.8% 35.9%
打ち上げしだれ柳 - - 22.2% 20.4% 18.7% 20.8% 12.5%
三連花火 - - 11.1% 11.1% 12.5% 9.7% 1.5%

 

 

ボーナス当選時の約半数はフラッシュなし

 

三連花火はビッグの可能性が大きい

 

遅れ+特殊役はビッグ確定

 

 

遅れ発生率は約1/100。おおよそ5回に1回はボーナスに結び付く極めて絶妙なバランスにつき、遅れを察知した際に変則打ちで楽しみたいのは人情である。ただし、チェリーが揃った場合はボーナスの可能性はゼロ。たとえチェリーBでも瞬殺されるため、いろいろと悩むのが嫌なせっかちは素直に左から押した方が良いかも。

 

 

※数値は独自調査による

基本スペック・小役関連

基本スペック

設定 ビッグ合算 REG ボーナス合算
1 1/312.1 1/385.5 1/172.5
2 1/303.4 1/368.2 1/166.3
5 1/292.6 1/348.6 1/159.1
6 1/277.7 1/324.4 1/149.6


【ボーナス&RT仕様】
ビッグ仕様
●344枚超で終了
純増MAX311枚
REG仕様
●105枚超終了
純増104枚
花火チャレンジ(RT)仕様
●純増…+0.3枚/1G
●純増…+0.3枚/1G
花火GAME(RT)仕様
●純増…+0.5枚/1G
●継続…20G継続 

 

通常時・RT中の氷確率

設定 並行氷 斜め氷
1・2 1/52.85 1/1638.40
5・6 1/48.05 1/1489.45

通常時・RT中の小役確率(3枚掛け時)

3種類の特殊役

 
リーチ目の出目演出用に搭載された特殊役は上記3種類。いずれもフラグ成立時に必ずボーナスと重複するが、REGの可能性があるのはBのみなのでAが入賞したならビッグが確定する。

左リール第1停止・リール制御テーブル

※成立ゲームでは重複し得ない組み合わせ(七ビッグ+JACリプ、特殊役A+REGなど)は成立後の制御になります
 
【リール制御テーブルの見方】
制御テーブル表は配列番号の絵柄を下段に押した場合のスベリコマ数を表しており、当該コマ数だけスベって最終的に赤丸の位置で停止する。
矢印は「その位置では絶対に停止しない」ことを示し、例えば特殊役B&C時に4コマスベらせれば必ず3連ドンが停止するが、特殊役A時には止まらない。各役成立時の停止位置は予め決まっているのだ。

チェリーB重複パターン

ボーナス重複時はスベリコマ数でフラグを絞り込める
 

 
 
暖簾を左枠上に押してチェリーが上段に止まるとビッグの可能性はないが、暖簾を上段に押してチェリーが下段に止まればドンビッグが確定する。スベリコマ数の見極めに要注意。

ボーナス関連

各種ボーナスの確立と出目の特徴

 
 
 
 

打ち方(ボーナス中の打ち方,DDT打法)

通常時の打ち方

基本の暖簾狙いDDT

 
オーソドックスな暖簾狙いのDDT手順は、ハナビを打つ際に確実にマスターしておく必要がある。左リールに暖簾は1個しかないので目押ししやすく、風鈴と氷のWテンパイは小役ハズレで全てリーチ目となるためボーナス察知能力にも秀でている。
 
 

打ち方・左リール枠内チェリー狙い

 
 
 
 
停止型Eは4コマスベリならボーナス1確!
激アツなのが停止型E。ハサんで右リール中段に赤七が止まればビッグの2確目になる(特殊役A重複が確定)。

打ち方・長男狙い

 
 

遅れ発生時の打ち方

 

単ドン狙い時はリーチ目の法則が若干変化

 
単独ドン狙いのDDT手順は、暖簾狙い時とリーチ目の法則が若干異なる。氷目押しの頻度が増えるという大きな弱点もあるので、できれば暖簾狙い手順を極めてから段階的にチャレンジしたい手順である。

ロータリー打法

暖簾と単ドンを交互に狙ってリーチ目を堪能!

ロータリー打法

 

ロータリー打法とは…

「暖簾狙いDDT」と「単独ドン狙いDDT」を 1Gごとに交互に消化する打法

単独ドン狙いも織り交ぜることで 出目が単調になりがちな暖簾狙いの デメリットを解消しよう!!

色んなリーチが拝めたほうが絶対楽しい!!

 

いろんな出目

 

単独ドン狙い時のマニアックリーチ目26連発

"★"はボーナス成立ゲームで停止しやすいリーチ目

 

●左・上段単ドン+右・中段暖簾

中段暖簾

 

●左・上段単ドン+右・中段氷(②番or⑩番)

右中段氷

 

●左・上段単ドン+右・中段(⑮番)

右中段氷

右中段氷

 

●左・上段単ドン+右・中段チェリー(右リールは限定される場合もあり)

右中段チェリー

右中段チェリー

 

 

<まとめ>

中リール次第ではリーチ目になる出目

中リール次第ではリーチ目になる出目

右中段に氷停止時は 上の風鈴の種類をチェック!

これらの出目から派生するリーチ目は、中リールの条件がそれぞれで異なる。右中 段に氷が停止した際は、風鈴の短冊の向きに注目して見極めるのが簡単だ。

 

 

右リール「リプチェ風鈴」の見極め方

右リール「リプチェ風鈴」の見極め方

怪しい場面では 枠外の絵柄や 切れ目に注目!!

「リプチェ風鈴」の配列は 右に3カ所あるので見極 めには要注意。枠外の絵 柄とリールの切れ目に注 目すれば、即座に見極め ることも難しくはない。

 

 

 

順押しで鉄板の2確目が止まることもある

2確鉄板

ドンビッグ確定のJACリプレイ重複目

JACリプレイ+ドンビッグの停止例

 

 

↑ハサミ打ち時限定

 

 

 

 

 

 

↑中段チェリーは 4コマスベリでしか 出現しない

 

↑中リールに チェコチェ停止で JACリプ2確!!

 

 

 

通常時のJACリプレイは重複ボーナスの種類に応じて停止型が 変化するのが特徴。ドンビッグ時には上のような入賞例になりや すく、REG時には必ずリプレイ揃いとなる。ただし、ドンビッグ時 にもボタンの押下位置によってリプレイ揃いになる。
 

REG確定目

左リール上段暖簾停止時に拝めるREG確定目はたった1つ

 

右リール枠下に暖簾があるためビッグ成立が脳裏をよぎるが…

 

暖簾狙いDDT打法を実践時に拝める唯一のREG確定目が上の出目。一見するとバラケ目にしか見えないが、条件なしの鉄板リーチ目。中リール中段がドンではなく赤七の場合、および右枠下が切れ目の暖簾の場合にはBR共通のリーチ目となる。

 

 

<REG確定目一覧>

 

DDT打法実践時のREG確定目はチェリー重複時に出やすい

遅れ発生時の「逆押しドン狙い」

 

●停止型A

特殊役C+七ビッグ

 

●停止型B

チェリーB

単独ドンビッグ

特殊役B+ドンビッグ

単独七ビッグ

 

●停止型C

チェリーA

単独REG

※右の目押しが遅いとビッグの可能性もある

 

 

消灯との絡みで更に成立役を限定

 

 

上段ドン停止時は中にもドンを狙い、下の形になれば七ビッグ確定

 

 

 

右リール下段に19番の暖簾をビタ押しすると…

 

 

 

 

消灯の有無を問わず右上段ドンがドンビッグ1確目になる。

 

逆押しドン狙いはリール消灯が非常に重要。右上段ドンなら非消灯でビッグ確定、右下段ドンは消灯すればボーナス確定。ただし右リールの押し位置によってはビッグ・REGどちらの可能性もある。

 

 

遅れ発生時の「逆押し七狙い」

 

●停止型A

チェリーB

各単独ボーナス

特殊役B+ドンビッグ

特殊役C+七ビッグ

 

●停止型B

特殊役C+七ビッグ

 

●停止型C

単独七ビッグ

 

●停止型D

チェリーA

単独ドンビッグ

単独REG

 

 

右上段赤七停止時は中リールに赤七狙い

「長男・赤七・赤七」が揃えばビッグ確定

 

消灯の有無で1確あり

 

逆押し赤七狙いは右リールがどんな停止型になろうとボーナスの可能性が残る。特殊役がいずれも右に赤七が絡むためだが、最後まで期待感が持続する反面、時間効率が悪くなることも覚悟しなければならない。

リーチ目

DDT打法実践時に出やすい&覚えやすいリーチ目

 
 
 

上段暖簾&単独ドンからのビッグ確定リーチ目

 
 
 
 
 
 

左リール中or下段長男からのビッグ確定リーチ目

 
 
 

左リール赤七付近のリーチ目

 
 
 

枠上暖簾からのリーチ目法則

 
左枠上に暖簾が停止した場合、小役ハズレまたは特殊役A入賞で赤七ビッグが確定。右上がりリプ+フラッシュなしはREG濃厚だが、押した位置によっては稀にドンビッグもある。

上段暖簾からのリーチ目法則

 
 
ゲチェナはビッグ濃厚だが、中リール上段に暖簾が停止すると逆に大ピンチとなる。ノリオ+ど真ん中に風鈴でビッグ確定となる法則は「右枠上2コマにドン停止」のナメコハズレ目でも同様だ。

上段七からのリーチ目は七ビッグ確定!

 
左4コマスベリからのリーチ目は、単独または特殊役B重複の赤七ビッグが濃厚。そこからリプレイが揃ってのフラッシュなしは残念パターンで、ドンビッグ重複の際には暖簾が上段にビタ止まりするためREGが確定する。

意外と知らない人が多いボーナス確定パターン

 
トリプルテンパイは左がビタ止まりなら氷は揃わないのでドンビッグが確定。種無しチェリーBは必ずフラッシュを伴うため消灯なしがアツいが、全停止後のロケットに要注意だ。

ハズレに見えそうな鉄板リーチ目

 

ハズレで頻出するのが以下の出目

 

一見するとハズレ目にしかみえない鉄板リーチ目は、右リール中段に単独チェリーまたは氷が停止しているケースが多い。両者とも複数ある同配列の他方はNGにつき、チェリーは枠外の停止絵柄を、氷は上の風鈴の種類に注目してどの絵柄か絞り込もう。

 

右リール中段に氷が止まった場合は上の風鈴の種類に注目!

実際に拝みやすいビッグ確定目

DDT打法実践時にゲチェナやノリオが停止した際はビッグ確定目を狙ってみるのもアリ!
 

 

上段単ドン+ブランク絵柄は2リール確定目! しかも右リールの種類を問わずビッグも確定!!

特殊役A(氷・ブランク・赤七)が揃ったリーチ目は全て赤七ビッグ確定。左上段に暖簾+右ノリオの灼熱停止型で、中に氷を狙ってど真ん中に風鈴が停止したならこれまたビッグ確定となる。右ノリオはナメコがハズれてもREGの可能性が高いモヤっと目だが、このリーチ目になれば安心して箱を使える。

暖簾or単独ドン狙い時の氷こぼし目のような鉄板リーチ目

 

中リールに氷を引き込めない位置でダブテンがハズれていても、上記 の最終停止型になれば氷こぼしの可能性はない。また、右リールの停止 型にかかわらず左&中で上段暖簾テンパイ、および上段ドンテンパイは ともに2リール確定目だ。これらは順押し時にもリーチ目となる

JACリプレイや特殊役入賞目はほぼ成立ゲーム!

 
【DDT打法実践時は「氷・ブランク・七」をよく拝める!】
 
 
これらの役が入賞したら成立ゲームの可能性が激高。そうでないことが確定するのは非対応ボーナスが出てきた場合のみにつき非常にレアだ。

ボーナス時の打ち方

ボーナス察知後は1枚掛けで揃える

 
 
どちらも最長2Gで揃えられる!
 
 

対応ボーナスを覚えてコインロスを軽減!

リーチ目の種類によってはボーナスフラグを限定できる!

 
 

ビッグ消化手順

REG中の打ち方

JACリプ後の揃え方

RT中の打ち方

RTの消化手順

その他の変則打ち

RT中に最適・中押し七狙い打法

 
RT中にチャンス役が成立すると必ずパネルフラッシュが発生するため、その際に停止型Aになればボーナスが確定する。それ以外は停止型Bの3コマスベリ時を除いて第3停止まで当否のジャッジを持ち越せるため、最後の最後まで期待感を楽しみたいプレイヤーに適している。
 

遅れ時にオススメ・逆押し七狙い打法

 
逆押しドン狙い手順に比べて難易度が非常に高いが、特殊役重複を含めて当選契機をほぼ確実に見抜けるのが利点。中段に赤七が停止したら特殊役C+赤七ビッグの1確目だが、そのまま逆押しでビッグを揃えた方がコインロスは少なくなる。

やるなら遅れ時限定・左下段七ビタ打法

 
ビタ押しが必要なくせに、成功しても必ずチェリーを取りこぼす変態的手順。リスクと引き換えに得られるのはドキドキ感だけなので、あくまで自己責任で実践しよう。

氷をフォローしつつ3連ドンを停止させる打ち方

 

遅れ時・単独ドン枠下ビタ打ち

 
コチラはチェリーをフォローしつつ3連ドンを降臨させる手順。特殊役BまたはC時に必ず3連ドンまでスベるが、氷を確実に取りこぼすので「遅れ」発生時にのみ実践するのがベストだ。

初打ちポイント

ゲームフロー

設定1でも負けないために必要不可欠な「知識&テク」

右リールの見極め方

 

ボーナス成立ゲーム濃厚目まとめ

左リール上段暖簾or単独ドン停止時のボーナス成立ゲーム濃厚目

 
バラケ目からのリーチ目は特殊役重複の可能性大!
ここに掲載したボーナス成立ゲーム濃厚目は、左に暖簾または単独ドンを狙った場合に停止する可能性がある。単独ボーナスはダブテンハズレ目になりやすいため、右中段に暖簾や氷が停止したバラケ目は特殊役重複の可能性大だ(しかもビッグが濃厚)。
 

左リール七付近のボーナス成立ゲーム濃厚目

 
リーチ目からフラグの絞り込みには若干難あり

左枠内に暖簾の上のチェリーを狙った場合、完全ハズレ時には赤七が上段または中段に停止する。従って、それ以外の停止型になればアツい。中でも左下段に赤七は特殊役の期待度が高い停止型で、ハサミ打ちで赤七を狙って中段に止まれば特殊役重複のビッグが確定。まさに至高の制御だ。

左リール長男ドン狙いでのボーナス成立ゲーム濃厚目

 
左リール中~下段に長男ドンを狙った場合、ボーナス成立ゲームには基本法則から外れるリーチ目が停止しやすい。中でも特殊役重複時はその傾向が顕著なので、ロスしないよう丸暗記する覚悟で臨もう。中段リリベやリリコ等の基本法則も忘れずに。

3連ドン付近のボーナス成立ゲーム濃厚目

 
長男ドンの目押しが1コマでも早いと確実にチェリーを取りこぼすため、これらの成立ゲーム濃厚目でボーナスを察知するのは恥ずかしい。それでも構わないという傾奇者のみ、全て自己責任で狙ってみよう。

3連ドンからのビッグ確定目

ここぞの場面で思い切って狙ってみるのも一興!!
 
 

 
左3連ドンはボーナス1確目につき、そのままドンを狙って揃わなければ赤七ビッグかREGが確定する。ご覧のようなビッ確目もあるが、トリテンだけ覚えておけば十分だ。

演出

フラッシュの対応役

ボーナス成立ゲームの演出

チェリーB時のフラッシュ別ボーナス重複期待度

チェリーB成立時のボーナス重複期待度は出現フラッシュで激変する。
打ち上げしだれ柳ならチャンス、三連花火は激アツで、フラッシュなしの場合は問答無用でボーナス確定だ。

 
チェリーB時のフラッシュ別ボーナス重複期待度
フラッシュの種類 期待度
打ち上げ花火 1.3%
ロケット 1.7%
打ち上げしだれ柳 24%
三連花火 72%

RT中の演出法則

 
 
RT中の演出法則は右の通り。パネルフラッシュ時に小役が非テンパイなら問答無用でボーナスなので必ずDDT打法を実践しよう。なお、RT中にビッグが連チャンすると過去の名機のBGMが流れる。RT後の1G連は希少価値が激高だ。
 

BGM変化・ビタ揃えの条件

 
ビッグ成立時に1枚掛け&逆押しビタで揃えると、成立時の状況に応じてハナビのアレンジ曲やオリジナル曲が流れる。ドン揃いは左が単独だとNGなので要注意だ。

演出選択率

【RT中】成立役別の演出選択率

RT中はボーナス成立で必ずBGMがストップ!

ハナビ パネルフラッシュ発生時の対応役 成立役別の演出選択率

【通常時】ボーナス成立ゲーム・成立役別の演出選択率

ハナビ ボーナス成立ゲーム・成立役別の演出選択率
ボーナス成立ゲーム 演出の特徴 1&2消灯からのリーチ目
 
ボーナス成立ゲームに1消灯や2消灯が選ばれることは絶対にない。従って、その状況でリーチ目が出現したなら、自動的に成立ゲームの見落としが確定する。
 
特殊1~3以外・各フラッシュパターンボーナス期待度
※設定が高くなるにつれてボーナス期待度がアップしていく
※表中の★印のフラッシュは特殊1~3時の停止型によって数値が変動
(例)JACリプレイ+ドンビッグを引いて特殊2が選ばれたら花火フラッシュが発生
 
ドンビッグ重複のJACリプレイが成立すると、機械側は入賞出目に応じてフラッシュを変化させる。左第1停止時に入賞するのはリプレイ揃いと「赤短冊の風鈴・リプ・リプ」のいずれかだが、ロケットや打ち上げ系が発生するのは後者のみである。リプレイ揃い+花火にREG重複の可能性はない。
 
チェリーB成立時フラッシュ別・ボーナス期待度
※設定が高くなるにつれてボーナス期待度がアップしていく
 
チェリーB成立時は三連花火が激アツ。打ち上げしだれ柳もそこそこ期待できるが、打ち上げ花火とロケットは空気に等しい。フラッシュなしは鉄板なので出目でチェリーBを判別しよう。

【通常時】ボーナス成立後の演出選択率

ボーナス成立後の演出選択率

その他の演出発生パターンの特徴

ハナビ 成立ゲームの消灯パターン別・各役期待度

 
一見するとリール消灯の方がアツそうだが、1&2消灯はボーナス成立ゲームでは絶対に選ばれないので「演出なし」も意外と侮れない。いかなる場合もチャンスがあるのがハナビなのだ。

たまやランプ点灯率

ハナビ たまやランプ点灯率 リール窓右横の「た~まや~!!」ランプはラン ダムに点灯するのではない。ボーナスの種類 と成立役に応じて点灯抽選を行い、レアな役 ほど点灯率が高いのが特徴である。なお、成 立ゲームでは点灯しないので注意しよう。

特集

必勝ガイドライター濱マモルの攻略アドバイス

 

通常時の風鈴や氷出現率、RT中のハズレ出現率など、本機には多数の設定推測要素が存在する。実戦時は、これら要素を照らし合わせて設定の偶奇および高低を判断するのが基本となるが、朝イチ以外のタイミングでホールへ入店、空き台から勝負すべき一台を見つけ出す場合は、そんな細かな作業など一切不要。データカウンターをポチポチしてビッグ時の獲得枚数をチェックするだけで、優秀台を探し出すことができる…………場合があるのだ。

 

ご存じの通り、ビッグ中のハズレ出現率は設定1&2が16384分の1に対して、設定5&6は481.3分の1と、非常に大きな数値差が設けられている。ビタ押しで14枚役を1回入賞させることで得られる最大払い出し枚数は311枚だが、ハズレが1回成立した場合の払い出し枚数は309枚。つまり、データカウンター上にこの払い出し枚数が表示されている台は、当該ビッグ中に出現=高設定期待度が跳ね上がるハズレが出現したと考えられるのである。

 

しないよりはした方が良いとはいえ、夜から打ち始めて小役をカチカチしても、得られるサンプルを考えると気休め程度。それならば、首尾よくビッグ309枚払い出しの台を見つけ出せれば小役カウントガン無視でブン回してOKともいえるが、「…………場合がある」と先述したことを覚えているだろうか。そう、309枚の払い出しはハズレ1回出現時以外にも起こり得るのである。

 

その状況はズバリ、ビタ押しで14枚役を3回揃えたケース。性格のひん曲がったカス野郎がわざと、或いはフリー打ちのジェントルマンが偶発的に309枚の払い出しを作り出した可能性もあるので、人を信じない方、自分以外は全て敵と思っている方などは参考程度に捉えておくのが無難かもしれない。

 

 

 

濱マモルのプロフィールはこちら

評価・レビュー

みんなの評価

4.6
11件
0件
0件
0件
1件
  • 不適切な文言が含まれている為、非表示になっています。

    コメントを表示する

    かずおんさん

    投稿日:

    いいねー

    このレビューは参考になりましたか?

    はい (0)

    いいえ (1)

  • 不適切な文言が含まれている為、非表示になっています。

    コメントを表示する

    花火師さん

    投稿日:

    忠実に再現してて懐かしさを感じるね。

    このレビューは参考になりましたか?

    はい (7)

    いいえ (0)

「ハナビ」に関連する機種一覧

関連動画

関連ブログ

関連コミック

関連アプリ

設置ホールを探す