ラッキージャックポット 天井,設定判別,解析,打ち方まとめ

ぱちガブッ!ガイドステーションの、ラッキージャックポット(岡崎産業)パチスロ機種情報になります。また台ごとの最新攻略情報やユーザーによる口コミ情報、プロによる実戦動画も随時更新中!

基本情報(基本スペック)

機種概要

岡崎産業の最新鋭機『ラッキージャックポット』はビッグとREG、2種類のボーナスが出玉増加の主軸である。これらの連チャンが勝利へと誘うシンプルな仕様だが、本機は歴代シリーズと異なり、2つの滞在モードによってボーナス確率が変動するといった革命的なシステムを採用。ボーナス後はボーナス確率が高めの高確スタートとなるため、数珠連が誘発されるというわけだ。

天井・ゾーン止め時

設定変更後はチャンス

設定判別/設定推測/設定差

多数の設定示唆要素

 
ボーナス終了後は高確ランプが点灯。点灯個数が多いほど高設定の期待度がアップ!!

実戦上

設定6の高確モードをデータ分析

 
 
高確継続は最短は1 G 、最長53Gで、累計すると951G滞在。その滞在割合は43.8%となるが、ランプ消灯後も高確滞在の可能性はあるので、その割合はさらに高くなると思われる。この要素を踏まえると、高確滞在割合の高い台は優秀台と考えてよさそうだ。他のポイントもしっかりと押さえておこう。

解析

基本スペック・小役関連

基本スペック

設定 ビッグ REG ボーナス合算
1 1/396 1/396 1/198
2 1/375 1/376 1/188
3 1/355 1/354 1/177
4 1/330 1/330 1/165
5 1/299 1/299 1/149
6 1/278 1/277 1/139
 

【ボーナス仕様】
ボーナス払い出し枚数
■ビッグ…344枚超の払い出しで終了
(最大純増311枚)
■REG…155枚超の払い出しで終了
(最大純増92枚) 

 
●千円(50枚)あたりの平均消化ゲーム数…約46G

本機のシステム

 
こっそり内部に潜るCTがポイント。CTはボーナスフラグなので、これが立っている間は新たなボーナスを抽選できず、その分BIGとREGの出現率が下がる…というのが基本的な概念。CTがいっぱい出る台が低設定かというと、CTの中でも何種類かあって、潜らずに出てくるものもあると予想される。

実戦値

通常時 小役出現率

※サンプル:2168G

打ち方(ボーナス中の打ち方,DDT打法)

打ち方とチャンス役の停止型

通常時の打ち方

 
DDT打法手順は極めて簡単で、左リールにいずれかのBAR絵柄を目安にチェリーを狙うだけでOK。中・右リールは常にフリー打ち消化で問題ない。また実戦上、中段リプレイ揃いやチェリー+リプレイはリーチ目。中段ライン無効の変則4ライン機であることも頭に入れ、戸惑うことのないようにしよう。

ボーナス中の打ち方

 
ビッグ中は14枚役奪取後にそのまま逆押しすると再度14枚役が揃うことがあるので、損をせぬように以降は順押し厳守だ。

覚えておきたいリーチ目

初打ちポイント

ゲームフロー

演出

多種多様な7セグ演出

特集

準備中

評価・レビュー

みんなの評価

3.0
0件
0件
1件
0件
0件

1-1件 / 1件

  • 不適切な文言が含まれている為、非表示になっています。

    コメントを表示する

    なますてさん

    投稿日:

    この機種は高確で連荘云々じゃなく
    高確で設定を誤魔化すのが目的なので
    高確でしか放出しないような台はほぼ低設定で
    どこからでも放出する台は高設定って事

    つまりシステム上この台に設定を入れることはほぼないと言える
    ただ設定変更時高確スタートだから朝一50ゲームがラッキーチャンスで当たれば連荘を狙えなくもない
    要はジャグラーの設定6の朝一ラッシュを狙える台ということかな
    設定入れないのでラッシュ後は大嵌りって感じかな

    このレビューは参考になりましたか?

    はい (0)

    いいえ (2)

「ラッキージャックポット」に関連する機種一覧

関連ブログ

関連アプリ

設置ホールを探す