探偵歌劇ミルキィホームズ TD 消えた7と奇跡の歌 天井,設定判別,解析,打ち方まとめ

ぱちガブッ!ガイドステーションの、探偵歌劇ミルキィホームズ TD 消えた7と奇跡の歌(ダクセル)パチスロ機種情報になります。また台ごとの最新攻略情報やユーザーによる口コミ情報、プロによる実戦動画も随時更新中!

基本情報(基本スペック)

天井・ゾーン止め時

設定判別/設定推測/設定差

解析

打ち方(ボーナス中の打ち方,DDT打法)

演出

特集

基本情報(基本スペック)

機種概要

人気アニメをモチーフに据えたDAXELの最新作『探偵歌劇ミルキィホームズ TD 消えた7と奇跡の歌』は、原作ファンならずとも打ち込み要素満載のマシンとなっている。
出玉増加の主要因は、ナビ回数管理型の2種類のボーナスと上乗せ期待度の異なる2種類のART。通常時は「オープニング・シナリオ・バトル」のトリプルZONEからなる周期抽選が行われ、バトル勝利でボーナス当選となる。液晶上では1周期でアニメ1話を体験できるほか、ストーリーが進むほどボーナス当選が近づくため、打てば打つほど原作の魅力にハマること間違いナシ。
また、ART中は様々な契機でゲーム数上乗せ・特化ゾーン・ボーナスを抽選。作り込まれた液晶演出だけでなく、出玉性能にも力を入れた渾身の一台と言えるだろう。

天井・ゾーン止め時

天井機能

■最大12周期消化でボーナス当選(約960G)

■ボーナス後のART非当選が最大12回連続でART当選

狙い目を考察!

 
天国モード移行時は早い周期でのボーナス当選に期待できるため、即ヤメはしないほうが良さそうだ。天井到達時にボーナス当選以上の恩恵があるかどうかは不明だが、そのゲーム数が比較的浅いことを考慮すれば、救済措置と考えるのが妥当か!?

連続スルー回数天井は3&7回目が優遇

 
ART連続スルー天井は最大12回までからの振り分け抽選となっており、12回目以外では3回目と7回目が全設定で高めとなっている。また、ここには偶数or奇数の差もあり、偶数設定はとくに優遇。最大の12回天井も偶数では選ばれにくい。

周期別・バトルゾーン到達時ボーナス当選期待度

 
現在の周期とオープニングZONEの演出を考慮して次周期でのボーナス当選を捨ててしまう危険を極力回避
ヤメ時を探る場合は現在の周期とオープニングZONEを必ずチェック。天国モード以上は2周期以内(約160G)で必ずボーナスに当選する。よって、1周期目のバトルZONEでボーナス確定とはならなくても、2周期目のオープニングZONEで1期の楽曲が選ばれたら必ずそのまま打ち続けよう。もし、見慣れない背景色の提供画面だったら高モードの可能性があるので様子見がベターだ。

朝一・リセット

設定変更時・モード選択率

探偵歌劇ミルキィホームズ TD 消えた7と奇跡の歌 設定変更時・モード選択率

 
設定変更時はシナリオゾーンゲーム数が最大50Gに再選択されるので、閉店時のゲーム数とズレていたら設定変更かも? ほぼ同じだったら据え置きかも? など推測できることもある。

リセット・電源OFFON時

設定判別/設定推測/設定差

確定演出

1ライン図柄&ルーペ文字

アウトロ演出(一枚絵)選択率

※ART中にアイコンを残した状態でARTゲーム数が0になると表示される一枚絵
 
数え切れないほどキャラがいれば設定6!
ARTのアウトロ演出(一枚絵)選択率にも設定の奇数偶数示唆や設定4以上示唆、さらには設定6確定のものまで多数ある。ここにある一枚絵以外は通常パターンとなり、設定示唆要素はない。

示唆演出

設定示唆演出

 
高設定を示唆するエラリー姫百合や小林オペラのカットインは確認できたらヤメずに打ち続けたい!!
 
演出のバリエーションは膨大な数が用意されており、随所に「設定示唆演出」も盛り込まれている。上記のパターンはその一部なのだが、エラリー姫百合や小林オペラでの高設定示唆、ボーナスを揃えた際のセリフでの奇数or偶数示唆などのほか、ピンポイントで設定を絞り込めることも…。

液晶リールで7を揃えてボーナス開始

液晶演出で設定示唆

※全画面カットインは通常・ミルキィTIME中が対象(超高確中は除く)
※7揃いのセリフは全リール枠内に目押し+揃えるのが条件
 
7揃いゲームでのセリフによるもの以外でも本機では様々な場面で設定示唆が行われる。上記のようにカットインの種類、ART中のツボの文字、ART突入時の導入ストーリーなど、6確定演出もあるので見逃し厳禁だ。

7揃いゲームの設定示唆セリフ一覧

探偵歌劇ミルキィホームズ TD 消えた7と奇跡の歌 7揃いゲーム 設定示唆 セリフ

※7絵柄を全リール枠内に目押し+揃えるのが条件

カットイン選択割合

通常5ライン&ミルキィタイムで発生する可能性があるカットインに設定示唆要素!(超高確率中を除く)

 
※上表の100%に満たない部分はその他のカットインが選択されます

オリジナルストーリー

ART導入演出の次ゲームから始まるオリジナルストーリーには設定示唆要素あり!

 
導入ストーリーは初回・ミルキィ版・怪盗帝国版の3種類あり!
 
ミルキィ版・怪盗帝国版はART2回目以降
初回はリール、ミルキィ版は文字怪盗帝国版は段ボールに注目!

解析

基本・小役関連

BAR揃い

BAR揃い確率は4096分の1!!

揃えた状況によって獲得できるものが異なる
 
 
カットイン発生からのメインリール(ミニリール)BAR絵柄揃いは、発生率4096分の1。どのような状況で揃ったかによって獲得できるものは異なる仕組みなのだが、基本的にはボーナスもしくはART(上乗せ含む)を獲得できることになる。

モード関連

内部モードと周期回数

 
内部モードは通常、天国、極楽など計6種類で、天国以上は2周期以内でのボーナスが確定。12周期(約960G)が最大天井となる。引き戻し=6周期など、上記の特徴を頭に入れておこう。

モード移行率

 
高設定ほど通常A→通常Aの移行頻度が下がるため、結果的に連チャンに期待できる。なお、ナビ50回は0.39~1.56%。かなりの難関ではあるが、見事ゲットできれば極楽モードへの移行も確定する。

CZ関連

オープニング移行時のCZ

当選すれば約4割でボーナスorART

 
オープニングZONEに移行する際は内部的にCZ抽選が行われる仕組みになっている。当選率は1.56%とごくわずかなのだが、当選した場合はARTorボーナスorシナリオポイント獲得(多いほど周期抽選優遇)となり、当選時の4割がARTorボーナスとなる。
 

シナリオZONE中のCZ

ART・ボーナス・シナリオポイントの3段階抽選

 
およそ55Gの継続となるシナリオZONE中も内部的にはCZ抽選が行われており、内部状態と成立役に応じて当否が決定される。CZ当選後はART&ボーナス抽選を行いハズれた場合はシナリオポイントを獲得する。
 

CZ「GETだ!MILKY」当選時のボーナス&ART期待度

 
チャンスゾーン「GETだ! MILKY」(CZ)は主にチャンス役成立時に発生抽選が行われており、通常時はもちろん、ART中やボーナス中でさえも突発的に移行する可能性がある。

ライブ準備中の抽選

 
ライブ準備中は全役でミルキィアタック(=フリーズ)の抽選が行われており、トータル発生率が約110分の1にまで跳ね上がる。とくにチャンスとなるのはスイカで、出現時は30%弱でフリーズに結び付く。

ボーナス関連

ボーナス中の抽選

 
ボーナス開始時は「とろとろどんどんゲーム」でナビ回数を決定。ボーナス消化中はキャラアイコンのゲットを目指し、獲得できればARTが確定する。白7揃いや高確率中はチャンスだ。

ボーナスのナビ回数

探偵歌劇ミルキィホームズ TD 消えた7と奇跡の歌 ボーナス ナビ回数

ART関連

ART 「ミルキィTIME」基本性能

 
ARTも開始時は「とろとろどんどんゲーム」となり、初期なら40G以上からスタート。消化中はやはりキャラアイコンのゲットを目指すことになり、獲得できれば次セットへの継続が確定。ゲットしたアイコンごとに獲得ゲーム数の傾向は異なり、たとえばエリーなら10Gor100G以上だ。

プレミアム関連

状況別・ロングフリーズ発生率

ミルキィアタックの性能

探偵歌劇ミルキィホームズ TD 消えた7と奇跡の歌 ミルキィアタック ループ率

打ち方(ボーナス中の打ち方,DDT打法)

打ち方とチャンス役の停止型

DDT打法

打ち方はフリー打ちでOK

 
液晶の左リールにBARを狙えば成立役を見極められる
メインリールは筐体上部にあり、取りこぼしのない仕様だが、液晶リール上に表示されるチャンス役によりボーナス期待度が変化するゲーム性なので、左リールにBAR図柄を目押ししてチャンス役を見極めるのが良いだろう。

チャンス役の停止型

※いずれも「GETだ! MILKY」を経由

抽選役の説明

探偵歌劇ミルキィホームズ TD 消えた7と奇跡の歌 抽選役

初打ちポイント

ゲームフロー

1周期約80Gでチャンス到来!! ARTへはボーナス経由がメイン
 

 
基本的に通常時は3つのZONEで構成される周期(約80G)終了時にボーナス当選を告知するシステム。周期によって選択されるストーリーが違い、それにより期待度が変化する点に注目だ。ボーナス消化中の抽選に当たればARTに突入。当然ながらART中にボーナスに当選することもある。なおCZは通常時やボーナス中、ART中といかなる場面からのでも突入し、クリア時の報酬もその場面により多数用意されている。

トリプルZONEで周期抽選

 
通常時は周期抽選がボーナス当選のカギとなっており、バトルに勝利すればボーナス確定。
状況を問わず突入するCZ「GETだ!MILKY」では、ボーナス・ART・特化ゾーン抽選が行われる。

ナビ回数管理型のボーナス

 
ミルキィBONUSは最低ナビ10回で、ミラクルミルキィBONUSなら最低ナビは20回(いずれも最大ナビは50回)。ARTやゲーム数上乗せにも期待できる。

ART・ミルキィTIME&アルセーヌTIME

 
 
ARTは上乗せ性能の異なるミルキィTIMEとアルセーヌTIMEの2種類。消化中はゲーム数上乗せ・特化ゾーン・ボーナス抽選などが行われる。

フリーズ(ミルキィアタック)

 
 
出玉のトリガーとなるロングフリーズの最大上乗せは1000G。しかも「ライブ準備ステージ」に移行すれば、その発生確率が通常時の25倍以上もアップ。レバーを叩く手に力が入ることは必至だ。

演出

周期抽選の演出

周期抽選

激アツのライブ準備ステージ

 
オープニング中の音符満タン(周期毎の移行期待度約9.4%)で移行する「ライブ準備ステージ」では、通常65536分の1でしか発生しないフリーズの確率が約111分の1にまでアップする。終了までの33G、気合いでレバーを叩こう。

ボーナス中の演出

ボーナス終了画面に注目

 

上乗せ特化ゾーン中の演出

ゲーム数上乗せ契機

特集

必勝ガイドライター濱マモルの攻略アドバイス

本作の舞台は偵都ヨコハマ。巨大液晶で展開されるストーリーでは見覚えのある場所が描写されていたりして、横浜市民としてはとても楽しく打てるわけだが、そんな巨大液晶では様々な設定示唆演出が発生する。

 

例えば、エラリー姫百合全画面or小林オペラ全画面カットインの発生は高設定に期待ができ、1ライン図柄&ルーペ文字「ジゴロ」は設定4以上が確定。これらは比較的お目にかかれるが、一方でART中のツボ文字「奇数?」「偶数?」など発生頻度の低いものも少なくなく、とにかくその設定示唆パターンは多種多彩なのである。このほか、モード移行の傾向、スルー回数天井なども設定推測要素として活用が可能。各要素を把握すればするほど、優秀台か否かを見極めやすくなるわけだ。

 

・演出による設定示唆

 

・1ライン図柄&ルーペ文字

 

ただ、個人的、あくまで個人的な意見を述べるならば、本機で大勝するためにはオープニング中の音符満タンで突入する「ライブ準備ステージ」中のヒキが重要。この間はトータル110分の1でフリーズ抽選が行われ、首尾よくフリーズを射止めればミルキィアタックに突入→最大2000G(表示は1000G)の上乗せが見込めるからである。

 

・ミルキィアタック

 

ライブ準備ステージ中は、スイカ成立で大チャンス到来。およそ3割でフリーズに繋がるので、スイカを引きまくって勝機を強引に手繰り寄せよう。

 

濱マモルのプロフィールはこちら

 

評価・レビュー

みんなの評価

3.5
2件
0件
1件
0件
1件

「探偵歌劇ミルキィホームズ TD 消えた7と奇跡の歌」に関連する機種一覧

関連動画

関連ブログ

関連アプリ

設置ホールを探す