翠星のガルガンティア 天井,設定判別,解析,打ち方まとめ

ぱちガブッ!ガイドステーションの、翠星のガルガンティア(ディ・ライト)パチスロ機種情報になります。また台ごとの最新攻略情報やユーザーによる口コミ情報、プロによる実戦動画も随時更新中!

基本情報(基本スペック)

天井・ゾーン止め時

設定判別/設定推測/設定差

解析

打ち方(ボーナス中の打ち方,DDT打法)

演出

特集

基本情報(基本スペック)

機種概要

2013年に公開され、様々なジャンルへの展開で注目を集めた作品がパチスロ化。D-lightの『パチスロ翠星のガルガンティア』は、リプレイに新たな可能性を詰め込んだARTマシンで、G数を無駄に消費させるだけの存在だったリプレイがチャンスを呼びこむシステムとなっている。

ゲームフロー

天井・ゾーン止め時

天井機能

■ART間1000G以上消化時の連続演出発展でART確定

設定変更台は積極的に打て!

 
チェックが甘いホールであれば、前日閉店時に限定解除の前兆を仕込んでおけば確実に設定変更を見抜くことができる。ただし、店側に消化される可能性もあるので、閉店時に700G以上ハマっている台を狙う方が現実的だ。いずれにせよ下見は欠かせない。

天井ゲーム数は振り分けで決定

 
天井ゲーム数は設定変更時およびART終了時に右表の割合で決定され、これに到達すると次回連続演出に必ず成功する。ART後は最深部が80%で選ばれるが、天井0Gの選択率も7.0%あるので狙ってみてもいい。
 
設定変更時は300G以下の天井となるため、バーストポイント0でも機械割は105%を超える。本機を打つなら朝イチからの勝負が断然お得だ!

設定判別/設定推測/設定差

小役確率

設定推測要素

パチスロ翠星のガルガンティア 設定推測 弱スイカ  弱チェリー確率

確定演出

ART終了画面

 
奇数・偶数示唆は高設定ほど顕著に出る!
天井示唆の終了画面は天井0Gの可能性も高いので連続演出1回は必ず消化!!
ART終了画面は複数あるが、設定示唆や天井示唆などの意味を持つパターンもある。設定示唆系はいずれも高設定ほど出現しやすい傾向が強く、たとえば設定456確定画面の出現率は設定6が最も優遇されている。また、天井示唆が出現した場合、最低でも連続演出を1回消化するまでは続行しよう。

示唆演出

ヒディアーズは高設定優遇

 
チェインバースト発生時は、上表の割合でヒディアーズ書き換え抽選を行う。設定4&5は設定1~3の2倍、設定6は3倍も優遇されているので、一度でも書き換えに遭遇すれば、出玉だけでなく高設定にも期待できる。

クライマックスバトル

クライマックスバトル中の中レア役は75%の割合で強レア役なら100の割合でチェインバーストをストック!
弱レア役時は下表の抽選!

 
クライマックスバトルは引き戻しゾーン。強レア役なら100%チェインバーストをストックし引き戻しが確定する。中レア役時は75%、弱レア役時は設定差に応じた抽選となる。

実戦上の設定推測要素

ART終了画面も設定示唆要素がありそう(実践上)

解析

基本・小役関連

限定解除の種類の内訳

 
限定解除時のチャンス役期待度は枠上<枠下<上下開放の順に高くなる。それぞれの選択率は上表の通りで、激アツの上下開放は極端に選ばれにくい。なお、限定解除のゲームにおける開放枠は、成立役と別抽選なので因果関係は存在しない。

小役確率

パチスロ翠星のガルガンティア 小役確率

限定解除別・レア役の強弱一覧表

通常時の抽選

パチスロ翠星のガルガンティア 連続演出 前兆発生率

パチスロ翠星のガルガンティア 連続演出 成功率

限定解除抽選

パチスロ翠星のガルガンティア 限定解除当選率 ストック率

限定解除当選時・前兆ゲーム数振り分け

※前兆1Gで限定解除発動となるため厳密な前兆ゲーム数はマイナス1となります

モード関連

通常時モード移行率

パチスロ翠星のガルガンティアのモード移行率の一覧表
 
上表だけではなくベルの1.2%で低確から高確へ移行超高確へは移行しない
 
モードダウン率
ハズレ成立時の4.7%で1ランクダウン
 
通常時は弱レア役からの高確移行率と低確で中レア役を引いた場合の超高確移行率に設定差があるので注目。また、ART中のモードアップ抽選は既報なのでここでは省くが、ベル成立時の25%で1ランクダウンとなる​。
 

内部状態関連

ランクアップ抽選

パチスロ翠星のガルガンティアのランクアップ抽選の一覧表

 

ボーナス関連

ボーナス中の抽選

パチスロ翠星のガルガンティア ボーナス中 小役確率

ART関連

ART「翠星チャンス」の基本性能

 
ART中もリプレイ連チャンによる「限定解除」の連続発生が鍵!
ART・翠星チャンスの基本性能は上記の通り。突入時には最初に特化ゾーンで初期枚数を決定し、以後はマキシマイズ経由の連続演出で上乗せを目指すゲーム性となる。
 
 
バーストポイントは主にチャンス役で獲得。これがMAXになるとマキシマイズ経由の連続演出に発展し、成功すれば枚数上乗せ&マキシマイズが継続する。もちろん連続演出はレバーでガチ抽選だ。

ART中の抽選

パチスロ翠星のガルガンティア ART中・状態昇格率 滞在割合

パチスロ翠星のガルガンティア ART中 連続演出の成功率

上乗せ特化ゾーン関連

「チェインバースト」&「ヒディアーズ殲滅RUSH」の基本性能

 
チェインバーストは本機におけるメインの上乗せ特化ゾーン。5G継続し、リール上で揃った役に応じて上乗せ枚数を抽選する。チャンス役で抽選が優遇されるので、限定解除が発生したらアツい。
 
 
ヒディアーズ殲滅RUSHは、平均上乗せ枚数が約487枚に上る本機最強の上乗せ特化ゾーンである。メインの突入契機はフリーズにつき遭遇率は激低だが、見事射止めれば大量出玉獲得のベースとなる。テストプレイでは一撃1200枚の上乗せを叩き出した。

チェインバースト&ヒディアーズ中の上乗せ抽選

パチスロ翠星のガルガンティアのチェインバースト&ヒディアーズ中の上乗せ抽選の一覧表

 
初期枚数を決定するチェインバースト中も限定解除が重要。上下開放で中レア役以上となるので50枚以上の上乗せ確定だ。ヒディアーズ中は毎ゲーム50枚以上なので、ロング継続を目指せ。

実戦値

限定解除発生率

打ち方(ボーナス中の打ち方,DDT打法)

打ち方とチャンス役の停止型

チャンス役の停止型

初打ちポイント

リプ連がチャンス役を呼びこむ

パチスロ翠星のガルガンティア リプレイ確率

 
限定解除とはリプレイを契機にリールの上下が開放される「チャンス役高確」システム。開放される枠は「上」or「下」or「上下」3パターンで、「上下開放」ならば必ずチャンス役が出現する!?

ボーナス獲得枚数は300枚!

 
成立状況でボーナス中の抽選が変化!
 
覚醒プロセスは通常時のボーナスで、消化中はART抽選を、一方のガルガンティアボーナスはART中のボーナスで、この間は上乗せ特化ゾーン抽選が行われる。

ART・翠星チャンス

パチスロ翠星のガルガンティア ART概要

 
翠星チャンスは1Gあたり約1.7枚増(ボーナス込み約1.9枚)の差枚数管理型のART。初期枚数はチェインバーストで決定されることが多く、この間は5G間毎ゲーム枚数上乗せが発生する仕組みだ。なお、ART中はリプレイ確率が1/1.4に上がっているため、通常時よりも限定解除突入率がアップする。

演出

通常時の演出

チャンス役で演出を抽選!

 
通常時にチャンス役を引くと連続演出の抽選を行う。実戦で確認したのは連続演出発展で終了するパターンと、「前兆+連続演出」「連続演出→前兆+連続演出」のパターンだが、ランクアップの可能性がある前兆経由が最もアツい。レベル8を目指せ!

通常時・連続演出抽選

 
レア役を引くと最初に連続演出を抽選。ここでの当否に応じて前兆を抽選し、両方に当選したら連続演出が2回発生する仕組みである。
 
 
低確時のみ発生率に設定差あり!
各状態ごとの連続演出および前兆当選率はご覧の通り。低確時にのみ設定差があり、弱&中レア役による抽選値は設定が高くなるほど優遇される。なお、強レア役を引けば最低でも1回以上は連続演出が発生する。

連続演出の成功率

 
前兆・謝肉祭は連続演出モード2の可能性大!
連続演出モードは3種類。上位モードが選ばれるほどART当選率が有利になるが、モード0の選択率が圧倒的に高いので、前兆中にレア役を引いて自力で連続演出を昇格させるのが勝利の王道パターンだ。

特集

必勝ガイドライタードラゴン広石の攻略アドバイス

『パチスロ翠星のガルガンティア』で勝つために、最も有効度の高い立ち回りは「リセット狙い」である。すでにご承知の通り、本機の連続演出は出来レースではなく本当のガチ抽選だが、設定変更または同一設定の打ち直しを行うと必ず300G以下の天井が選ばれ、天井到達後の最初の連続演出で必ずARTに当選するのだ。

 

具体的には、0Gと100Gの選択率が各々10.2%、200Gと300Gがそれぞれ39.8%となっており、深い方に飛ばされやすいのが難点だが、それでも「リセット台で初当りを1回取るまで打つ」という条件においては、たとえ設定1でも機械割が105%を超えるのである。

 

従って、本機で立ち回るには、朝イチに「下げリセット」を狙うのがベスト。前日ART中に閉店を迎えた台はもちろん、客側が大勝ちした台は下げリセが濃厚となるので、前日夜に下見を行った上で翌日に朝イチから狙えば効率が良い。リセット時の特典を対策するには店側が自力で初当りを消化するしかないため、現時点ではほとんどの店が未対策だと思われる。

 

注意すべきは「ベタピンで放置」の店だ。このような店では客付きが悪いし、閉店ギリギリまで打つ客もいないからリセットの可能性ははほぼない。逆に、この特典を逆手にとって、朝イチに客を呼ぶため全リセを毎日行う店は狙い目。いずれにせよ、本機で立ち回るには店選びが極めて重要だ。

 

なお、下げリセ狙いはART終了時に即ヤメするのが基本だが、ART終了画面に天井示唆の終了画面が出現した場合はその限りではない。エイミーの水着ショットは天井100G以下が濃厚なので必ず続行。メルティ・エイミー・サーヤの笑顔ショット(普段着)は天井500G以下が濃厚となるが、天井0Gの可能性も高いので連続演出1回までは様子を見るのが良い。

 

・エイミーの水着ショット…エイミーの水着ショット

 

・メルティ・エイミー・サーヤの笑顔ショット(普段着)…天井500G以下が濃厚だが天井0Gの可能性も高い

 

 

また、エイミーとレドのツーショット(夕方)は設定6が確定。同じくツーショット(昼)は設定4以上が確定することも思えておこう。まぁ、滅多なことでは出現しないと思うけどね。

 

・エイミーとレドのツーショット(夕方)…設定6確定

 

・エイミーとレドのツーショット(昼)…設定4以上確定

 

 

 

ドラゴン広石のプロフィールはこちら

 

評価・レビュー

みんなの評価

5.0
1件
0件
0件
0件
0件

1-1件 / 1件

  • 不適切な文言が含まれている為、非表示になっています。

    コメントを表示する

    きたー神アニメさん

    投稿日:

    解析攻略充実してるやんけ

    このレビューは参考になりましたか?

    はい (0)

    いいえ (3)

「翠星のガルガンティア」に関連する機種一覧

関連動画

関連ブログ

関連アプリ

設置ホールを探す